B工事はどんなことをするのかを前もって内容を確認を

Construction

B工事とはどんなこと?

テナントに入るときなどにまず確認をする必要があるのが工事の区分になります。そのまま使えるのであれば基本的にはそこまで問題ではないのですが、内装工事もいろいろと種類があるのです。B工事というのがまず問題になることが多いです。これはテナントとして借りるところであるとしても勝手に工事をされては困る、というところのことをいいますと。例えば給排水、換気、防火性能に関係するところなどになります。エアコンなども入れ替えたりするときには勝手に業者を決めては駄目、としていることもあります。それがB工事になります。
オーナーが指定している業者を使う必要性がある、ということになりますから、これは覚悟しておきましょう。業者を自分で選ぶことができない、というのがまずはとても大事なことになります。つまりは、相見積もりを出すことができない、ということになります。これによって相場よりも高くなってしまう傾向がとにかく高いですから、その点はもう受け入れるしかないでしょう。それでテナントをさらに使いやすくできるのであれば安い物である、必要経費である、と考えるのが基本です。借りる前にその点はしっかりと考えておくようにしましょう。

B工事でやるところとは

B工事とは工事の区分の一つであり、テナントなどに入る時にはほぼやることになります。まったくそのまま使えるのであればそんなことはないのですが、当たり前ですがそんなことがあるわけもなく、普通は改装をします。そのときにまずは注意したいのがこのB工事であるのかということになります。そもそもB工事とはどんなものであるのか、といいますと例えばエアコン関係、電気設備を増設したりすること、或いは防災関係に関…

B工事の費用とは

B工事はどうしてもお金が結構かかることになります。工事なのですから、それは当然では、と思うかもしれませんがそれでもB工事には大きな特徴があるのです。具体的にいいますとオーナーが指定する業者を使う、ということです。そこが大きなネックになっているといっても過言ではないのがB工事になります。そもそもどんな工事がB工事というのか、といいますとそれはテナントに入る側がお願いして、オーナーの指定する業者…

新着情報一覧

2017年06月14日
B工事として大変なのがを更新しました。
2017年06月14日
B工事とはどんなこと?を更新しました。
2017年06月14日
B工事の費用とはを更新しました。
2017年06月14日
B工事でやるところとはを更新しました。
TOP