B工事はどんなことをするのかを前もって内容を確認を

Construction

借りる前には工事区分確認を

ビル

B工事とは、ビルに新しくオフィスや店舗を構えるときにする工事の区分のひとつです。
工事区分にはA工事、B工事、C工事の3つがありオフィスや店舗の借り主に関係が深いのはB工事とC工事になります。中でもB工事は借り主の負担でビルのオーナー指定の業者で行う工事のことなので、ビルにオフィスや店舗を借りる際はしっかりと内容を理解する必要があります。B工事の区分で行われるのは壁や床などビル本体に直接関わる場所や電気系統の増設、空調の設置、変更などです。
しかし、ここからここまでならB工事だという明確な線引きはなく、ビル毎に工事区分の規定に多少の違いがあるため、借り主は賃貸契約の前にしっかりとこの区分を確認しておく必要があります。そうでなければ工事の計画がスムーズにいかなかったり、トラブルや混乱の原因になってしまうからです。また、B工事はビルのオーナー指定の業者で行われるため費用が高くなる傾向にあることも覚えておかなければなりません。ここまででB工事にはあまりメリットがないように思えたかもしれませんが、そんなこともありません。
ビルをよく知る指定業者なら工事もスムーズですし、万一オフィスや店舗の使用中に修理が必要になった場合も安心して任せられるからです

店舗オーナー様等必見!B工事とは?

B工事とはオフィスの入居に関わる工事区分の一つです。工事を行う際の費用負担者、工事業者によって工事区分が分かれており、「A工事」「B工事」「C工事」と3つの工事区分が存在します。それぞれの特徴を簡単にまとめると下記の通りとなります。
【A工事】
費用負担: ビルオーナー
工事業者:ビル指定業者
主にビルの共有部の内装(サッシまわり、廊下・トイレ・エレベーターなど)「ビル全体の資産価値の維持」に関わる工事が対象となります。
【B工事】
費用負担: 入居者
工事業者:ビル指定業者
ビルの空調、電気・照明、防災などのビルの設備に関連する移設や増設工事がB工事に該当することが多いです。
【C工事】
費用負担: 入居者
工事業者:入居者から委託された業者
テナントの専有部内の内装工事、電源・電話・LANなどの配線工事、什器設置工事などが対象です。こちらはテナント内で入居者がある程度自由に工事を行うことが可能です。
B工事の注意点として費用は「入居者負担」にも関わらず、業者は「ビル指定業者」ということです。B工事はC工事と違ってビル全体の共用設備にも大きく関わる工事のため、ビル指定の業者となることは致し方ない部分はありますが、よく問題となる点は値切り交渉がしづらく割高になりやすいということです。入居後の思わぬ出費となる可能性があるので、どのくらいの費用になるか入居前にオーナーに確認しておくと良いでしょう。

B工事の内容と留意したい点について

オフィスビルや大型ショッピングセンターげ建設されると、そこに事務所を移転したり、新規出店を行いテナントとして入居するケースがあります。入居するテナントとしても自分達のスペースを思うどおり設計して有効利用したいというケースもあります。よって、建築現場においては、誰が工事の発注者で、費用負担は誰が行うのか、誰が施工業者を選定するのか等の区分によりA工事、B工事、C工事というように分けられています。
この中でB工事とは、賃借人(テナント等)が費用負担し、建物所有者が工事を実施するというものです。工事内容としては証明、防災、空調設備等に関する工事が多くなっていますが、B工事は物件の賃借人の希望により工事を行うものの、B工事により設置された設備の所有権は賃借人にはなく、あくまでも建物所有者に帰属するものであり、また建物全体の施工に影響を与えるものなので、建物所有者が選定した施工業者が行うこととされているのです。
テナント側として、B工事で注意しなければならない点はB工事で設置された設備の所有権は賃借人にはなく、どの範囲までがB工事なのかが明確になっていないと後のトラブル発生の懸念が生じやすい、また建物所有者が選定した業者が施工することになるため、コスト高になりやすいということです。

B工事でやるところとは

B工事とは工事の区分の一つであり、テナントなどに入る時にはほぼやることになります。まったくそのまま使えるのであればそんなことはないのですが、当たり前ですがそんなことがあるわけもなく、普通は改装をします。そのときにまずは注意したいのがこのB工事であるのかということになります。そもそもB工事とはどんなものであるのか、といいますと例えばエアコン関係、電気設備を増設したりすること、或いは防災関係に関…

B工事の費用とは

B工事はどうしてもお金が結構かかることになります。工事なのですから、それは当然では、と思うかもしれませんがそれでもB工事には大きな特徴があるのです。具体的にいいますとオーナーが指定する業者を使う、ということです。そこが大きなネックになっているといっても過言ではないのがB工事になります。そもそもどんな工事がB工事というのか、といいますとそれはテナントに入る側がお願いして、オーナーの指定する業者…

新着情報一覧

2017年06月14日
B工事として大変なのがを更新しました。
2017年06月14日
B工事とはどんなこと?を更新しました。
2017年06月14日
B工事の費用とはを更新しました。
2017年06月14日
B工事でやるところとはを更新しました。
TOP